空腹感とは無縁の炭酸水ダイエット

炭酸水ダイエットは、誰でも簡単にできる人気のダイエット方法です。炭酸水を飲むだけで満腹感を演出し、食事の量を制限しようというものです。ただこの炭酸水ダイエットも、少しやり方を間違えると長続きしなかったり、逆に太りやすくなってしまうことがあるので注意が必要です。

炭酸水ダイエットを成功させるポイント

空腹感とは無縁の炭酸水ダイエット

炭酸水ダイエットのポイントは、炭酸水を飲むタイミングと量です。この2点を外してしまうとほとんど効果がありませんので、是非実践してみてください。まず飲むタイミングについてですが、食前が最も効果的とされています。そもそも炭酸水を飲む理由が満腹感を演出するということですので、食前というのはごく当然のことと思われるかもしれません。

1回に500mlペットボトル1本が適量

空腹感とは無縁の炭酸水ダイエット

ここで、飲む量がポイントになってきます。炭酸水をコップ1杯(約150~200ml)程度飲んだ場合、恐ろしいことに食欲が逆に増進されてしまうので注意が必要です。炭酸水が発する空気が胃を適度に刺激することで食欲が増進されて、普段以上に食事を摂取してしまう可能性があります。食前に炭酸水を飲む場合は、500mlを目安に飲むようにしましょう。

そのため、1リットルのペットボトルを2回に分けて飲むのも良いかもしれませんが、炭酸が抜けることがあります。できれば500mlのペットボトルを大量に準備して、毎回1本飲み切るくらいの感じで行った方が炭酸水ダイエットを成功させやすくなるでしょう。少し量が多いと感じるかもしれませんが、これが炭酸水ダイエットですので、そこは妥協せずに行うようにしてください。

注意点としては、炭酸水で空腹が満たされたからと食事を一切取らないのは、逆に太りやすい体質を作ってしまう原因になりえますので絶対に行わないでください。量自体を減らすようにして、必ず食事を取ることが重要なポイントです。

糖質を含む炭酸飲料は絶対NG!!

空腹感とは無縁の炭酸水ダイエット

ちなみにこの炭酸水ダイエットで飲む炭酸水は、糖質を含む炭酸飲料で行うと全く効果はありません。糖質が含まれていない味付きのものか、疑わしいのであれば無味の炭酸水を利用するのが一番間違いがないでしょう。

Top